Pilates History

ピラティスの歴史

ピラティスはドイツ人看護師のジョセフ・ピラティス氏によって、第一次世界大戦中に負傷兵の”リハビリ”として考案されたのが始まりです。
筋肉に負担をかけずに動くことができるので、老若男女、運動経験の有無など関係なく、幅広い方々に行っていただけます。
正しい呼吸法でひとつひとつの動作を頭で考え、正確に行えるよう集中していくことで、身体の「悪い姿勢」や「歪み」など無意識のうちに身についてしまった癖を正していきます。
「治す」ではなく動きの中で身体を正しく使う技術を覚えることから『身体の再教育』とも呼ばれています。 

For Beauty

ピラティスの効果

ピラティスは「正しい呼吸」が重要です。
小さな動きから大きな動きまで、運動が苦手な方、身体が硬い方、怪我をされた経験のある方など年齢関係なくあらゆる方々に合わせたメニューを組んでいきます。

効果 1 / 代謝アップ

REborn_Pilates

ダイエットの敵といえば「リバウンド」。リバウンドをしない身体にするためには脂肪を燃やすエネルギーとなる「代謝」を上げることが重要です。
代謝を高くし脂肪が燃焼されやすい身体になれば、普通の食事や生活に戻っても太ることはありません。

では代謝はどのようにあげるのか。ピラティスでは、普段鍛えることが難しい、身体の奥深くにある「インナーマッスル」を鍛えることができるので、しなやかな身体を維持しながら筋肉量を増やして代謝を上げ、健康的で「太りにくい身体」をつくることができます。

効果 2美しい姿勢を作る

REborn_Pilates

ピラティスで強化することができる「インナーマッスル」は、姿勢を整え身体のバランスを保つなど、大きな役割を果たします。
私たちは普段の生活の中で「猫背」や「反り腰」など、知らず知らずのうちに姿勢が崩れがちですが、これは身体の奥にあるインナーマッスルが弱っていることが原因です。
肩こりや腰痛は、姿勢が崩れて身体が歪むことで引き起こされることが多いので、インナーマッスルの強化が身体の歪みを直し、痛みの解消につながります。
また自身の力で身体のバランスを保てるようになることで、「美しい姿勢」を取り戻すことができます。

効果 3自律神経の安定 

REborn_Pilates

ピラティスで行う呼吸法は「胸式呼吸」です。
胸式呼吸は交感神経を活発にし身体を活性化させる効果の他、呼吸によって胸を広げ肋骨の動きを良くすることで呼吸が深くなり、気持ちを落ち着かせることができます。
自律神経のバランスが乱れると、悪化した場合は自律神経失調症などの病気や、なんとなく調子が悪いなど精神的に不安定な状態を引き起こします。
気分が落ち込んでいるな、というときにこそ「胸式呼吸」を試してみましょう。

HOME | ピラティスの効果